目標設定がスキルアップに繋がる

プログラム言語を扱うシステムエンジニアにとって、目標を設定することは難しい。目標の設定をしにくい状況が生まれている原因として、エンジニアという仕事の成果が数値化できないことが挙げられる。この目標を設定しにくい状況を解消するために挙げられる方法としては、納期を目標にすることだ。エンジニアの仕事はクライアントの要望に応えていくことが基本だろう。クライアントの要望の中には、いつまでに作ってほしいという趣旨のものがあるはずだ。その指定された納期までに仕上げることを目標にすれば、仕事への集中力を高めることができる。

また大きなプロジェクトを任せられた場合にはプロジェクトの成功を目標に設定すると良いだろう。プロジェクトの成功を目標にすることで、成功させるための努力を惜しまないはずだ。努力の一つとして、チームのメンバーとのコミュニケーションを、いつも以上に取るということを意識する可能性は高い。チームのメンバーとコミュニケーションを取る回数が増えるということは、その分コミュニケーション能力を向上させることに繋がるはずである。

他にもプロジェクトをスムーズに進めていくために必要な機材があれば、クライアントや自社に交渉を行うこともあるだろう。そのような努力を行うことで、フリーへと転身した場合にも役に立つほどの交渉術を身に付けられる可能性も秘めている。つまり工夫次第で目標を設定することは容易になると言える。その目標設定の内容によって、自分のスキルを高めることにも繋がってくるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です