システムエンジニアが覚えて役立つjava

将来システムエンジニアを目指す志願者にとって悩む事が多いのが、学習するプログラム言語の選び方である。多種多様な言語が登場し昔に比べると選択肢が増えたことから、どれを選べばいいのか迷う人が増えている。実際には標準的で無難ものを一つ選べば問題はなく、どれも仕様が異なるだけでプログラミングのノウハウを学ぶには問題はない。しかしわざわざ手間と手間をかけて新しい知識を覚えるのであるから、できるだけシステム開発の仕事に直接役立つものを選びたいという人は多い。

あえて挙げるとすれば、システムエンジニアの仕事で利用する場面が多いjava言語がある。javaはオブジェクト指向のプログラミングができる特徴を持ち、大きな規模のソフトウェア開発にも向いている。またjavaが登場してから長い期間が経過したため、情報量が豊富というのもメリットである。新しい種類が次々と登場しているが、新しいものはまだ情報量が少ないデメリットがある。そのため将来にシステムエンジニアになる事を目指してこれから勉強するのであれば、参考になる情報が多数存在するjavaが有利である。

ITエンジニアの求人案件にもjavaを取得している人材を求めるものは数多く見つけることができ、将来の開発の仕事で役立つ可能性は高い。まずはjavaについて学んである程度マスターし、さらにjavaを足掛かりとして仕事で活用できる別の種類を学習していくと仕事のチャンスが広がる。
その他、参考情報がこちらの【システムエンジニアが学ぶべき言語とは】というサイトに記載してあったので紹介しておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です